国際結婚手続き・ビザ手続き案内 国際結婚の交差点

手続き結婚後の在留資格の手続きとは

“在留資格”とひとことで言っても、外交・興行・文化活動・留学・修学などなど…細かく分類すれば27種類もの在留資格が日本には存在します。

日本で外国人パートナーと結婚したら、在留資格の変更手続きを行う必要があります。

また、パートナーが不法滞在(オーバーステイ)だった場合は、結婚後、入管にて“在留特別許可”を得るための手続きが必要になります。この手続きをとらないと、パートナーはいつまでも不法滞在(オーバーステイ)のままで、最悪の場合、逮捕→強制送還となりかねませんのでご注意を。

手続き結婚したら、外国人パートナーの在留資格は何になる?

“日本人の配偶者等”の在留資格を取得する事になります。

※ただし、パートナーが不法滞在(オーバーステイ)の場合は、入管で“在留特別許可”を取得しなければ、“日本人の配偶者等”の在留資格は取得できません。

手続き在留資格変更の手続きはどこで?

お住まいの地域の入国管理官署で行います。


手続きHOME

手続きこのサイトについて

手続き手続き・届出の方法

手続きリンク集

手続き管理人にメール

手続きPCサイトはこちら



Copyright (C)2009 国際結婚の交差点. All Rights Reserved.